【東京電力の採用倍率は?】新卒採用倍率や利益・平均年収を徹底比較 通信業界の倍率は?

この記事では、電力業界で日本で1番人口が集中する地域の電力流通を支えている東京電力の新卒採用倍率や利益、平均年収ついてまとめていきます。

 

 スポンサーリンク

 

 

はじめに

東京電力のオペレーター求人はおすすめ?給与や待遇を徹底紹介

東京電力は首都圏を中心に電力を供給しており、その電力量は日本全体の約30%です。水力・原子力などの発電部門、送電・変電・配電などの送配電部門、お客様との接点窓口となる営業部門などがあり、その連携によってお客様へ電気をお届けしています。電気は人々の生活を支える重要なインフラです。社会貢献の意味で大変やりがいの得られる仕事に取り組めます。また、東京電力グループは首都圏を中心とした電力供給など、エネルギーサービスを展開しています。エネルギー産業は人口減少・高齢化、脱炭素化、分散化、自由化、デジタル化という5つの要因によって大きな変革期を迎えています。東京電力グループはコアであるエネルギー事業の強みをしっかりと磨き込みながら、エネルギー業界のリーディングカンパニーとして東京電力だからこそできるビジネスを追及する事で新たな成長事業へ挑戦し、事業領域を拡大する事で稼ぐ力を創造し、生み出した付加価値を社会へ還元することでゆたかで快適な環境の実現に貢献することを目指しています。

 

東京電力

売上高と利益

東京電力の売上高と営業利益のグラフを以下に記載します。

こちらは東京電力の売上高と利益になっています。

過去3年間を見ると、東京電力の売り上げと利益は徐々に減少していっています。

これはコロナ化によることやオーストラリアの炭の高騰化による火力発電電力の高騰の影響が関係しています。また、ウクライナ情勢の緊迫化に伴う2~3月の卸電力価格の高騰も影響したことにより、利益が減少したことが考えられます。

求める人物像

東京電力は、採用ホームページに

       事業を支える

主役は「人」である
このような事業の変革と創造を支えるのは人です。未来を切り拓き,お客さまの期待を超える価値をお届けするための原動力は,社員一人ひとりが持つエネルギーなのです。「社員一人ひとり」が会社にとってかけがえのない財産であり,“主役”であると考えています。

東京電力グループは,「自律心」「情熱」「多様性」を大切にしています。 みなさんは,仕事を進めていくなかで“最もエネルギーが湧き,力を発揮できる瞬間”とはいつだと考えますか。 私は,お客さまや社会のために自分がどのように貢献できるかを「自律的」に考え,「多様」な価値観を持つ人と議論をしながらお互いに高め合い,「情熱」をもって挑戦して成し遂げたとき,そして,お客さまや仲間から「ありがとう」という言葉を掛けていただいたときだと思います。

まもなくみなさんも「ありがとう」という言葉をもらうことで,自分が携わっている仕事へのやりがいを感じ,次のステップに立ち向かうエネルギーが湧きあがってくる感覚を実感していただけるのではないでしょうか。

 

   変革への挑戦を通して東京電力グループの“主役”に
東京電力グループには,みなさんの力や可能性を最大限に活かすことができる3つの環境が整っています。
ひとつめに,能力やキャリア開発を自らデザインして成長できる「自ら挑戦・選択できる環境」。ふたつめに,働きがいとワークライフバランスの向上につなげ,新しい仕事の進め方を創造できる「自ら働き方をデザインできる環境」。そして最後に,自分らしさを最大限に発揮し,新たな価値を創造できる「自分らしく働ける環境」。 このような環境のもとで,「安心で快適なくらしのためエネルギーの未来を切り拓く」というミッションの達成に向けて私たちは事業に取り組んでいます。

「自律心」「情熱」「多様性」という人財像に共感していただき,取り巻く環境の大きな変化をチャンスや挑戦と捉えることのできる方は,ぜひ東京電力グループで私たちと一緒に仕事をしませんか。

東京電力グループだからできる挑戦,東京電力グループにしかできない挑戦があります。 大きな変革にも恐れずに果敢に挑戦し,これからのエネルギーを一緒に切り拓いていきませんか。東京電力グループの“主役”となっていくみなさんとの出会いを,心から楽しみにしています。

 

というメッセージが書かれています。

このことから、東京電力は自分自身で考えて行動することができる「自律心」、仕事に熱心に取り組める「情熱」、様々な仕事に取組みいろいろな成果を上げれる「多様性」が求められています。

現在、電力が圧迫していることなど東京電力管内では様々な課題が残されています。そのため、東京電力では、これらの問題に立ち向かっていき解決して成果を出す人材を求めているという事が分かります。

 

これらの点を参考にして本選考を攻略し、面接の準備などを行ってください。

面接は準備が本当に一番大切です。なるべく多くの質問に対する回答集を作っておきましょう。

また、ESは何度も書き直すことが重要です。友人や就職支援の先生などに添削してもらい、ブラッシュアップを重ねていくことで最高の文章を作ることができます。指定の文字数でいかに濃く伝えたいことを伝えれるかが大切です。

 

また、東京電力の企業理解を深めるために、競合他社についても調べておくことが重要です。東京電力の競合他社としては日本の電力会社である中部電力や関西電力があります。これらの企業についても調べておき、そのうえで「なぜ東京電力なのか?」を選考で答えられると評価が上がると考えられます。

 

新卒倍率

次は東京電力の新卒採用倍率について見ていきます。ここではリクナビ2023が公表している採用人数とプレエントリー候補リストの登録人数を参考にして採用倍率を推測していきます。

東京電力の新卒採用人数とプレエントリー候補リスト登人数は、以下のようになっています。

  • 新卒採用人数:300名
  • プレエントリー候補リスト登録人数:4932名

このデータをもとに計算すると、東京電力の採用倍率は16となります。

この値からは、東京電力の倍率は約16倍であることが分かります。

また、東京電力は毎年300名前後を採用しており、就活生からの人気も毎年変化するため倍率は年によっては高くなることもあります。新卒の倍率は予測することが難しいですが、今回予想した16倍という数字を考え16人のうちの1人に入れるように選考対策を行う必要があります。

就活生にとっては、本選考の前のインターンの時期から競争は始まっています。エントリーシートの対策や面接の対策をしっかり行い、合格のためには就職活動に真摯に取り組む必要があります。それでも落ちてしまうことがあると思います。そんなときは、ただ縁がなかったとすぐに切り替えましょう!!時には切り替えも重要です。

 

採用大学と人数

東京電力の2021年度の採用大学は以下の通りです。

大学 採用人数
東京理科大 25
日本大 20
早稲田大 20
東京大 16
明治大 12
東北大 10
大阪大 10
東京都市大 10
東京工業大 9
法政大 9
京都大 8
九州大 8
東海大 8
芝浦工業大 7
筑波大 6
東京農工大 6
長岡技術科学大 6
青山学院大 6
新潟大 5
名古屋大 5
神戸大 5
慶應義塾大 5
東京電機大 5
立教大 5
立命館大 5

上記の採用大学名からもわかるように、非常に様々な大学から採用が行われています。特に、東京の大学が多い傾向があります。また有名な大学や地方私立大学も羅列されていますね。

このことからも東京電力には学歴フィルタは存在せず新卒採用が行われてることが分かります。東京理科大学や日本大学の採用人数が多くなっていますが、その他にも非常に多くの全国の大学から採用が行われています。

よって、本選考での入社意欲や学生の人柄、アピールなど、個人の頑張り具合によって評価され、求める人物像である「自律心」「情熱」「多様性」を面接で発揮しアピールしていくことが最重要です。

 

平均年収

東京電力の平均年収は819万円となっており、全国の平均年収が436万円であることを考えると全国平均よりも2倍ほど高く、かなり高い給与水準となっています。

そのため、給与の面でも待遇が良く、人気企業であることが分かります。この値は日本の電力業界の中でも上位に位置しており、給与の面は充実しています。

 

まとめ

本記事では、東京電力における利益・倍率・平均年収などについてまとめていきました。

東京電力は電力業界の中で非常に人気な会社であり、新卒倍率は約16倍であると推定されました。そのため、電力業界の中で日本トップの東京電力に興味がある方は選考対策をしっかりと行ったうえで本選考にエントリーし、内定をとれるようにがんばってください!健闘を祈っております。

 

 スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村