【NTTデータの採用倍率は?】新卒採用倍率や利益・平均年収を徹底比較!

 

 スポンサーリンク

 

 

はじめに

この記事では、IT企業として日本1位を争っており、就活生にとっても非常に人気であり有名であるNTTデータについてまとめていきます。

 

NTTデータは、日本最大の専業システムインテグレータとして電子マネーのシステムや自治体の防災システム、企業の情報システムなど社会を根幹から支える多くの「しくみ」を提供し続けている会社です。しかし、いまやNTTデータはは単なるシステムインテグレータにはとどまらず多くのお客様から「IT」を用いてお客様とともに変革を構想し、実現する「変革パートナー」として期待されています。さらに、社会やビジネスに新しい価値を創造すること、「変える力」を次々と生み出し、お客様の期待に応えていくことを通じて新しい「未来」を創り出しています。

 

このような特徴を持つNTTデータですが、就職活動においても非常に人気であり新卒採用では毎年高倍率となっています。

そこでこの記事では、NTTデータの求める人物像や新卒の倍率など就活の際や企業研究をする際、IT企業の中でもSI分野に力を入れている企業について興味がある方には非常に参考になると思います。

 

 

NTTデータ

売上高と利益

NTTデータの売上高と営業利益のグラフを以下に記載します。

 

NTTデータは過去3年間において売上高と利益をそれぞれ伸ばしており、2022年3月期に約2.5兆の売上高約2100億の利益があったことを発表しています。

NTTデータはNTTのグループ会社であるにもかかわらず、莫大な利益を上げている企業です。NTTデータは日本一のSI企業であり日常生活を便利にするシステムを世の中に多く輩出しています。そのため、IT技術が革新し続けている現在、売り上げや利益も安定して向上していっています。

NTTグループ内でいうと、NTTデータの売り上げはNTTドコモに続いて2番目に位置しています。また、NTTドコモは2022年度にNTTコミュニケーションズをグループ化したためより売り上げが向上します。その中で、NTTデータがNTTグループ内で売り上げ一位を目指していくためにも今後新ビジネスや新システムの提供を行って売り上げを上げていくと考えられます。

 

求める人物像

NTTデータは、新卒採用ページに考導力・変革力・共創力がある人物を求めていると書かれています。NTTデータでは、自社のみの利益を追求するのではなく、どこまでもお客さまに寄り添い、お客さまの豊富なアイデアと私たちが強みを発揮する世界中の最先端テクノロジーとを結び付け、ビジネスイノベーションや社会的課題の解決をともに実現していくことでお客さまから長期的に信頼されるパートナーとなる、という意味が込められた「Trusted Global Innovator」というGroup Visionを掲げています。「Trusted Global Innovator」というGroupVisionのもと、NTTデータはITビジネスにおける中心的なイノベーターとしての役割を担い、お客様の夢を実現してきた会社です。

よって、これを今後も実現していくために、

  • 社会のために自律的に考え、自ら動き周りを巻き込む「考導力」
  • 最新の技術や仕組みに興味を持ち、変化を起こすことを楽しむ「変革力」
  • 多様な仲間と共通の目標を創り成し遂げる「共創力」
  • そして、それらを突き動かす強い意志と情熱

を持った人物を求めています。

そのため、「ITを使って世界を変革していく」「ITそのものを変革していく」を実現させたいという強い思いを本選考のエントリーシートや面接で伝えることが大事であると考えれます。ITを使って世の中をもっとよりよく便利にしていきたい方は、ぜひその思いを伝えてください。

 

新卒倍率

次はNTTデータの新卒採用倍率について見ていきます。ここでは先ほどと同様に、リクナビ2023が公表している採用人数とプレエントリー候補リストの登録人数を参考にして採用倍率を推測していきます。

NTTデータの新卒採用人数とプレエントリー候補リスト登人数は、以下のようになっています。

  • 新卒採用人数:400名
  • プレエントリー候補リスト登録人数:31239名

このデータをもとに計算すると、NTTデータの採用倍率は78となります。

 

この値からは、NTTデータの倍率は約80倍であることが分かります。

しかし、あくまでもこれはリクナビのプレエントリー候補者のデータだけで算出した倍率なので、推測での値となります。そのため、もう少し倍率が低い可能性もあります。

学生にとってはNTTグループの会社は人気であり、その中でもNTTデータは非常に人気な会社であるため、新卒採用の倍率も高くなることが考えられます。

80人の中の1人に入り内定を得るためにも、エントリーシートの対策や面接の対策を行い就職活動に真摯に取り組む必要があります。

採用大学

マイナビによるとNTTデータの採用大学は以下の通りです。

 

<大学>
お茶の水女子大学、愛媛大学、一橋大学、横浜国立大学、横浜市立大学、横浜商科大学、岡山大学、学習院大学、関西学院大学、関西大学、京都工芸繊維大学、京都大学、京都府立大学、金沢大学 、九州工業大学、九州大学、熊本大学、群馬大学、慶應義塾大学、公立はこだて未来大学、工学院大学、広島大学、高崎経済大学、高崎健康福祉大学、国際基督教大学、埼玉大学、山形大学、実践女子大学、芝浦工業大学、首都大学東京、小樽商科大学、昭和女子大学、上智大学、神戸市外国語大学、神戸大学、神奈川県立保健福祉大学、神奈川大学、成城大学、成蹊大学、聖心女子大学、青山学院大学、静岡大学、千葉工業大学、千葉大学、専修大学、創価大学、早稲田大学、大妻女子大学、大阪工業大学、大阪市立大学、大阪大学、大分大学、筑波大学、中央学院大学、中京大学、津田塾大学、電気通信大学、東海大学、東京海洋大学、東京外国語大学、東京学芸大学、東京工業大学、東京女子大学、東京大学、東京電機大学、東京都市大学、東京農工大学、東京理科大学、東北大学、東洋大学、同志社女子大学、同志社大学、奈良女子大学、日本女子大学、日本大学、福島大学、法政大学、北海道大学、北九州市立大学、名古屋工業大学、名古屋大学、名城大学、明治学院大学、明治大学、立教大学、立命館アジア太平洋大学、立命館大学、琉球大学、龍谷大学、和歌山大学
<短大・高専・専門学校>
石川工業高等専門学校、東京工業高等専門学校

 

上記の採用大学名からもわかるように、非常に様々な大学から採用が行われているため、学歴フィルタは存在せず、入社意欲や学生の人柄によって採用されているようです。

平均年収

NTTデータの平均年収は828万円となっており、全国の平均年収が436万円であることを考えると全国平均よりもかなり高い水準となっています。また、NTTグループ内でも平均年収は上位に位置しているため人気企業であることが分かります。

 

まとめ

本記事では、NTTデータにおける利益・倍率・平均年収などについてまとめていきました。

NTTデータは非常に人気な会社であり、新卒倍率は78倍であると推定されました。そのため、日本トップのSI企業に興味がある方は選考対策をしっかりと行ったうえで、本選考にエントリーし、80人の中の1人になれるようにがんばってください!

 

 スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村