Y!mobileとUQmobile徹底比較! どっちが早い?どっちが安い? 結局どっちを選ぶ??

   スポンサーリンク

はじめに

この記事では、格安スマホで代表されるY!mobileUQmobileのどちらが良いのかを考察していきます。

考察のポイントとしては、料金の比較と通信速度の比較の観点から行いたいと思います。

また、以前の記事で格安SIMについてや通信速度の比較を行っているので良ければ見てみてください。

keigoogle.hatenablog.com

 

今回はかなり有名な格安スマホであるY!mobileとUQmobileの比較を行いますが、

今後機会があれば、その他の格安スマホの比較も行いたいと思っています。

また、国内三大キャリアの料金比較も行う予定です。

 

Y!mobileとは

Y!mobileは、2014年に発足したブランドでソフトバンクの自社回線を利用している通信事業者になります。格安スマホを提供している多くのMVNOは店舗を持たないことが多いのですが、Y!mobileはMNOであり全国に約2600店舗あるというのが強みだと考えられます。

そのため、困ったことやトラブルが起き、自分自身で解決できない場合は、すぐに最寄りの店舗に行って解決する事ができます。また、Y!mobileソフトバンクのネットワークを使用しているため、全国どこでも幅広く高速データ通信を安定かつ快適に楽しむことができます。

また、Y!mobileのホームページによると「最新技術の導入により、ひとりひとりに専用の電波を割り当て、混雑エリアでも快適な通信を実現している」と書かれており、エリア限定にはなりますが通常プランで5Gも利用可能となっています。

そのため、Y!mobileの契約者数は2021年に700万契約を突破していることから格安スマホブランドの中でも非常に人気なブランドであることが分かります。

 

UQmobileとは

UQmobileは、2009年に「UQ WiMAX」というサービスを初めて提供することでサービスを開始し、2020年にauを提供するKDDIに移管したことでauのサブブランドとなりました。

このUQとは、Universal Qualityの略で普遍的で高品質という意味があります。また、「U」にはUbiquitous(偏在)、「Q」にはQusntities(大容量)とQuickness(高速)という意味が込められています。

UQmobileはau回線を使っているため、4G/LTEは全国でつながり、一部エリアでは5Gに接続することができます。auは4G/LTEで99.9%の人口カバー率を有しているため、登山道やキャンプ場でも快適に使用することができるとホームページに記載されています。

さらに独自の電波対策により地下鉄や大型商業施設でも高品質な通信が提供されています。

また、UQmobileは全国に2300店舗以上あり、こちらも困ったことやトラブルが起きた際、すぐに店舗に行き問題を解決する事ができます。UQmobileの契約者数は2021年に400万契約を突破しており、Y!mobileにより契約者数は少ないですが、格安スマホブランドの中でも人気なブランドとなっています。

 

通信速度比較

次は、Y!mobileとUQmobileの通信速度比較を行います。今回はこちらのサイトを参考にして速度の比較をします。この計測では回線が込みやすいエリアで行われているため、回線速度はもしかすると通常時よりも低く計測されているかもしれません。

また、下り回線速度とはダウンロード時の通信速度で、

上り回線速度とはアップロード時の通信速度のことです。

Y!mobile

Y!mobile 下り回線速度 上り回線速度
14.3Mbps 9.14Mbps
38.1Mbps 2.46Mbps
39.7Mbps 9.78Mbps

この表から、Y!mobileは朝の速度は遅いですが

昼と夜は高速な通信であり、快適にインターネットを使用できると考えられます。

UQmobile

UQmobile 下り回線速度 上り回線速度
15.1Mbps 7.96Mbps
9.24Mbps 7.87Mbps
9.96Mbps 8.11Mbps

この表から、UQmobileは昼と夜よりも朝のほうが早いことが分かります。

また、数値的にはおおよそ一日を通して同じくらいの通信速度を使用できることが分かります。

Y!mobileとUQmobileの通信速度まとめ

下り回線速度 Y!mobile UQmobile
14.3Mbps 15.1Mbps
38.1Mbps 9.24Mbps
39.7Mbps 9.96Mbps

 

上り回線速度 Y!mobile UQmobile
9.14Mbps 7.96Mbps
2.46Mbps 7.87Mbps
9.78Mbps 8.11Mbps

 

ここで、Y!mobileとUQmobileの比較をしてみます。上の表で数値が高いほうを赤字にしています。この表を見ると下り回線速度においては、朝はUQmobile、昼と夜はY!mobileのほうが早い。上り回線速度においては、朝と夜はY!mobile、昼はUQmobileが早いことが分かります。

ただ、この表の通信速度は上述したサイトを参照して作成したものであり東京の混雑エリアで計測されたものであるので、地方エリアで計測した場合や他の場所で計測した場合では数値が異なってくると思うので、あくまで参考の値と考えてみていただけたらと思います。

 

また、以前の記事でdocomoauSoftbankの国内三大キャリアの通信速度について比較した記事があるの良ければ見て、格安SIMと大手通信事業者の速度の違いについて参考にしてみてください。

 

keigoogle.hatenablog.com

 

通信料金比較

1人で契約の場合

Y!mobile

Y!mobileを契約する場合、プランが「S」「M」「L」から選択することができ、それぞれで料金が異なってきます。また、データ容量3GBのプランが最安で税込み月々2178円で利用することができます。

      

出典:Y!mobile料金

 

UQmobile

UQmobileを契約する場合も3つの料金プランがあり、データ容量3GBの最安プランは税込み月々1628円で利用することができます。

     

出典:UQmobile料金

 

家族3人で契約の場合

Y!mobile

Y!mobileでは、一人目は月々2178円ですが、二人目からは月々990円で契約することができます。

例えばプラン「S」を家族三人で契約した場合、

携帯料金は月々4158円となります 

 

UQmobile

UQmobileは複数人の契約で契約料が安くなるという事はないのですが、

「くりこしプランS 」を家族三人で契約した場合、

携帯料金は1628円×3で月々4884円となります。

 

Y!mobileとUQmobileの料金まとめ

Y!mobileとUQmobileで料金を比較したとき、一人で使用する際はUQmobileのほうが安いですが、家族プランだとY!mobileのほうが安く契約できることが分かりました。

 

そのため、料金のシュミレーションなどを行い十分に契約料金を考えたうえでどちらのブランドが良いかを選べばいいと思います。

以下にY!mobileとUQmobileの料金シュミレーションサイトのリンクを貼っておきます。

ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

本記事ではY!mobileとUQmobileの2ブランドに着目し通信速度と通信料金の観点から考察してみました。

通信速度においては都内のエリアにおいてY!mobileのほうが高速であることが分かりました。

また、通信料金においては一人で使用する場合の最安プランだとUQmobileのほうが安いことが分かりました。

そのため、一概にはどちらがいいというのは難しいので、乗り換え時の金額やプランなどを考慮したうえで、どのブランドがいいのかを考えてみてください。

 

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ
にほんブログ村